ゆとぶ - 片上裕翔のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片上裕翔 - 日本と海外を比べてみよう

メインのテーマは英語。日本(日本人)と海外(外国人)の違いや英語の勉強方法について、これまでの経験から感じた事を記事にしています。

スポンサードリンク

英語を話せるようになるのはそのうち?今でしょ!!

多くの日本人が英語を話せるようになりたいと思っているにも関わらず、まだ英語を話せる人は多くありません。よって、今の日本ではまだ英語が話せるという事が大きな利点として働きます。

これは間違いないんですが、逆に、今後英語が話せないことがリスクになる時期が来るという考え方をしたことはありますか?

今回は、「いずれ英語をやらないとだめ」じゃなくて「今のうちに英語をやるべき」理由についてお伝えします。

f:id:YutoKatagami:20160722020139j:plain

英語を話せることが利点として働く期間は限られている

今の日本では、生活をするために英語は必要ではありません。これはおそらく今後もしばらくは変わりません。

英語を使わない仕事だってたくさんありますし、日本で生活している限りは英語が話せなくてもなんの問題もありません。

普段の生活ではそう感じますが、その反面多くの企業では英語を重要視し始めている事は言うまでもありません。グローバル化によって、今後英語の需要はどんどん増えていくことはみんな感じていると思います。


このギャップにより、英語が話せるという事は今の日本ではすごい利点として働きます。

需要と供給の関係で、英語を話せる人がすくない間は、英語を話せるという事の価値がすごく大きく見られます

でも、これっていつまでもこの状態ではありません。

英語が話せる人は日に日に増えてきています。英語が話せる人が増えると、今までは「英語を話せることが利点」だったのが「英語が話せないことがリスク」という見方に変わってきます。

 

今後英語を話せない事がリスクになる理由

英語が話せることが利点として見られるのも、今は英語が話せる人がまだレア キャラとして扱われるからです。皆ができないことをできるので、プラスとして見られます。

でも、今後英語を話せる日本人は確実に増えてきます。大事なのは、皆ができる事をできないのは大きなマイナスとして見られるということを理解する事です。

周りが英語を話せるようになってから英語を勉強していると手遅れです。この状態になると、当たり前のことができていないという風に見られ、これはリスクでしかありません。

 

いつかやるなら今やろう

多くの人がいずれ英語を勉強することになります。英語が必要になることは頭ではわかっていても、そのうちそのうちと思いながら全くやっていない人も少なくはありません。

そういう人こそ、今やるべきです。

 

最終的に英語を話せるようになる人は、今やっても、あとでやっても、その労力は変わりません

でも、今やるとその恩恵を多く受けることができます。後でやると、最悪の場合にはリスクを感じながらやる事になります。

 

いずれやらないとダメと思っている人ほど、今やる方が得です。後で後でと思っている間にも、周りに英語を話せる人はどんどん増えていきます。 どうせやるなら、おいしい時期を経験できる今やった方が絶対に得です。