ゆとぶ - 片上裕翔のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片上裕翔 - 日本と海外を比べてみよう

メインのテーマは英語。日本(日本人)と海外(外国人)の違いや英語の勉強方法について、これまでの経験から感じた事を記事にしています。

スポンサードリンク

結婚生活でしあわせだとを感じた時 [惚気注意]

妻との話

こんにちは、ゆとぶです。

最近の誕生日に妻がプレゼントを用意してくれました!でも、そのプレゼント以上にうれしいと思えることがあったので、しあわせをおすそ分けしたいと思います!というかのろけさせてください!

 

 

誕生日前日

誕生日前日は平日だったので普段通り出社していました。最近忙しかったので誕生日をあまり意識していなかった。というか、大学生あたりから自分の誕生日ってあまり大事じゃなくなってきた気がします。

そんな中、仕事が終わりかけの時間に妻から買い物をしているとの連絡があったので、その日は外で会って、外食してから帰る事にしました。

仕事を終えて、妻と合流。妻が手に持っている買い物袋は僕が好きなブランド。それを見て、妻の買い物の用事は僕への誕生日プレゼントを買い行く事だったと気づきました。

そこからご飯を食べて帰るまでの間、何度も早めにプレゼントをもらえるように催促しましたが、全部阻止されました。

僕:数時間後にくれるなら今くれても同じじゃん!!
妻:これは誕生日プレゼントじゃないよ!
僕:絶対そうだし!じゃーその袋何??
妻:この袋は空だ!
僕:んじゃ、邪魔だろうから持ってあげる
妻:仕事で疲れてるんだから気を使わなくてもいいよ。でもこっち持って
僕:こっちのカバンの方が重いし!!


そんなこんなで家に帰るまで開けさせてもらえず。。

 

 

誕生日当日

誰かと長く一緒に住んでいると、日々の生活パターンが出来上がります。うちら夫婦の場合、夜ご飯を食べた後少しテレビを見て、しばらくすると僕はいつもパソコンを使うために別の部屋に移動します。ちょっとして飲み物を取りにリビングに戻ると、妻はうとうとしています。数時間後、僕が寝ようと思った頃には妻はソファーで寝ているので、起こして一緒に寝室に行きます。

これがうちら夫婦の日常的な絵です。

 

この日は外でごはんを食べてきましたが、家に帰ったあとはいつも通りの生活。僕はパソコンを触っていて、11 時ごろにリビングに行った時には妻は寝ていました。

僕もまだ寝る気はなかったので、そのままパソコンで作業をしていると、 12 時前にバタバタバタバターと妻が走り回っている音がします。12 時ちょうどに妻が走って部屋に入ってきて、手には外食の時に見たふくろをもっています。

妻:はっっぴばーーーすでーー とぅーー ゆーーー (袋を差し出す)
僕:やっと開けさせてもらえる!
妻:我ながらうまく隠し通したぜぃ!
僕:全然隠せてなかったし!

こんな経緯で今年は誕生日プレゼントをもらえました。

 

  

何がうれしかったか

誕生日プレゼントを用意してくれたことはもちろんうれしかったんですが、それ以上にこのやり取りがすごく幸せに思えました。結婚して結構たちますが、こうやってふざけながらしていた会話や、僕のことを考えてくれてたことを実感できたのがすごくうれしい。

後で妻と話したところ、実は寝るつもりがなかったのが、気づいたら 12 時だったのですごい焦って飛び起きたそうです。

冷めたことを言うと、誕生日プレゼントなんて別に 0 時ジャストじゃなくてもこの関係は壊れません。関係があたりまえになると、そもそもプレゼントなんて渡さない事もあります。付き合いたてのカップルにはよくある風景かもしれませんが、付き合いだして 10 年以上たってもこの状態を保てている事が大事。

プレゼントが何だったかってことより、このプレゼントを悩んで選んでくれたってことや、その渡すタイミングにもこだわったことや、焦って起きてでもちゃんと 0 時に渡そうとしてくれた。こういう行動の一つ一つが最大のプレゼントだなって思えました。

 

何か特別なことをした日ではなく、こういう日常的な事が後になると一番覚えている事なのかもしれないなって思いました。

よく言われることですが、大事なのはやっぱり気持ちだなって実感。プレゼントとして渡す物より、この気持ちを本気で伝えることを大事にしていきたい。