ゆとぶ - 片上裕翔のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片上裕翔 - 日本と海外を比べてみよう

メインのテーマは英語。日本(日本人)と海外(外国人)の違いや英語の勉強方法について、これまでの経験から感じた事を記事にしています。

スポンサードリンク

日本と海外のファッションに対しての意識の違い(男女別)

海外(外国人)と日本(日本人)の違い

こんにちは、ゆとぶです。

海外に出張に行ったときに思ったんですが、男の人ってどこの国に行ってもあまり恰好がかわりませんね。それに比べて女の人は日本と海外ではすごく違いがあると思いました。

これって先日の記事で書いた日本人はお互いの目を気にしているってところに関連するところが多いと思います。今回の記事はそんなファッションに対しての意識の違いついてです。

 

男の人はどこの国も同じ格好

出張で行っていたのでオフィス街で過ごすことが多かったのですが、男の人はどこへ行ってもスーツで問題ないですね。多少細身であったり、シャツに色がついていたりしますが、どこへ行っても仕事の場面ではスーツを着ていれば溶け込めます

逆に仕事の場面じゃないところでは、それこそ恰好を気にしなくても大丈夫です。暑い国だったのでほとんどの人がジーパンにシャツ、ちょっとおしゃれなところに行く場合には襟があれば OK って感じです。日本人の方が平均的におしゃれ意識が高い気がします。

どこの国に行っても男の人の恰好って結構統一されていると思います。

 

女の人は海外と日本で大きく違いがある

日本の女性のファッションはすごい特殊だと思います。正確にはファッションというより流行りすたりの激しさがすごい。

日本で昼間にテレビをつけていると「今の流行りは○○」って言っている番組をよく見かけます。そして、その数か月後には「○○はもう古い。今は△△」って言っています。すごく流行りすたりが激しい中、街にはそれを忠実に再現する女の人がいっぱいいます。

先日の記事日本人は仲間意識が強い人種だと書きましたが、これもそのせいなのか、日本人ってみんな同じ格好をしようとしているように見えます。

○○を着ているとみんなに遅れてるって思われてしまう。△△を着る事でお洒落さんだとみられたい。結局自分が何を着たいかというよりは、周りにどうみられるかを意識しているように思います。

 

逆に海外の場合、自分が好きな恰好をしているので、街を歩いているといろんな服装の人を見かけます。もちろん TPO はわきまえたうえでの服装ですが、仕事の場面でも体のラインがすごく見える服装をする人もいます。

自分が着たい服を着るという意味では、海外の方が本来の意味でファッションを楽しんでいるように見えます。

f:id:YutoKatagami:20160608015111j:plain

オンとオフがはっきりしてる

日本のすごいところは常にオンを保っているというところ。ちょっと買い物を行くためにも、学校へ行くためにも、みんなバッチリとした恰好ができます。むしろ、すっぴんで歩くのが恥ずかしいって思っている人もいます。さっき話した通り、周りからどう見られるかをすごく意識します。

僕からするとすっぴんだからってマスクにグラサンをしている恰好の方がこわい。。結構外国人が日本人のマスク姿の多さにびっくりするんですよね。みんな病気に見えるって。

 

僕が行ってた大学では、結構普通にパジャマ姿 (ジャージに T シャツ) で授業を受けに来る人がいました。むしろ「授業を受けに行くのに何で気合を入れないとだめなの?」って人が多いです。

でも夜遊びに行ったり、デートってなると気合を入れます。このオンとオフは日本よりすごいはっきりしています。

このように、海外って周りからどう見られるかより、その場面でどういう恰好をするべきかってのをベースにしています。普通の家でのパーティでもドレスを着たりします。逆に日本だとこうやってドレスを着る場面が結婚式とかしかないのが残念です。

 

やっぱり日本と海外では周りの目の意識の仕方がすごく違う気がしますね。韓国や香港とかもっと近いアジア圏だとどうなんだろう。このあたりは僕もよくわからないです。。